2011年11月 5日 (土)

ホームページ作成恵比寿 【インド】スマートフォンの販売好調:市場の5.6%を占める

2日付のエコノミック・タイムズ紙(6面)によると、インドでのスマートフォンの販売が好調だ。インド国内の携帯電話市場におけるスマートフォンのシェアは、2011年度第1四半期(11年4-6月)が5.6%で前年同期の3.6%から伸びた。

 ノキアは今年のディワリ商戦の4日間で販売台数150万台以上、40億ルピーを売り上げた。前年同期比13%増の売り上げで、スマートフォンやデュアルシム・モデルの販売が好調だった。サムスンも同4日間の売り上げが前年比50%増、同じくスマートフォンの販売が伸びた。LGのスマートフォンモデルの販売価格は1万ルピー以上、祝祭時期では前年比5倍以上の売り上げを達成、全モデルの同時期の売上高は前年比30%増だった。マイクロマックスの月間平均販売台数は100万台だが、ディワリの4日間で販売台数が100万台を超え、前年比25%増の売り上げだった。ラバ・モバイルズのSNライ社長は「わが社のアンドロイドOS搭載のスマートフォンの販売価格は8千ルピー以上だが、ディワリ商戦では早々に売り切れた。スマートフォンの価格は年々上昇しているが、販売台数も順調に伸びている」と述べた。

 調査会社IDCによると、11年度第1四半期(11年4-6月)のインド携帯電話市場、スマートフォン市場に占めるシェアはそれぞれノキアが25%、45.8%、サムスンが15%、21%となっている。携帯電話市場の20%をインドの携帯電話メーカーが占めており、インドのスマートフォン市場は年間68%増で伸びているという

ホームページ作成株式会社杉山システム スマートフォンホームページ作成滋賀 スマートフォンホームページ作成石川 スマートフォンホームページ作成金沢 スマートフォンホームページ作成富山 スマートフォンホームページ作成和歌山 スマートフォンホームページ作成奈良 スマートフォンホームページ作成福井 スマートフォンホームページ作成鳥取 スマートフォンホームページ作成島根 スマートフォンホームページ作成愛媛

2011年10月17日 (月)

ホームページ作成恵比寿 ミナミの商店街で「なんば えびすばし博」-参加型プログラム多彩に /大阪

戎橋筋商店街(大阪市中央区難波3)は10月21日~26日、商店街や周辺の街を会場にさまざまな体験ができるイベント「なんば えびすばし博2011」を開催する。(なんば経済新聞)

 なんば駅から戎橋までの約370メートルに約100店舗が軒を連ねる同商店街は、平日でも多くの人でにぎわう。同イベントは、2年前まで「えびすばし夏祭り」として音楽ライブなどのステージイベントを中心に行っていたものを昨年リニューアルしたもので、今回が2回目の開催となる。

 「商店街の面白さのひみつ、知っとき体験」「ミナミのまち歩きツアーに参加しよう!」「歴史ある映画と歌舞伎のまち探訪」「大阪マラソン・大阪ジャズ応援企画」「三世代で歩くファッションのまち体験」「絵手紙とえびはずし検定!」「海外観光客のみなさんへウエルカム企画」の7つのカテゴリーに分け、26のプログラムを用意する。

 「ほんまもんのだしのとり方」講座は、同商店街の昆布専門店「をぐらや」8代目の池上時治郎さんと、道頓堀商店会のうどん店「道頓堀 今井」3代目の今井徹さんが、だしの取り方、昆布の魅力を解説。10月22日10時30分~。事前申し込みが必要で、抽選で30人が参加できる。

 「なんば・道頓堀 たこ焼き店グルメレポートツアー」は、日本コナモン協会(浪速区幸町1)の熊谷真菜会長をゲストに迎え、参加者がグルメリポーターとなり、なんば、道頓堀かいわいのたこ焼き店を食べ歩き取材。後日、商店街ホームページで発表する。10月23日11時~。事前申し込みが必要で、抽選で10人が参加できる。

 参加無料。事前応募が必要で締め切りは10月10日。当日参加が可能なプログラムも用意する

ホームページ作成株式会社杉山システム

2011年10月 5日 (水)

恵比寿ホームページ作成 ドールの白いトウモロコシ「真珠もろこし」、期間限定で販売開始 /東京

ドール(千代田区三番町)は9月7日、北海道「I Loveファーム日胆(にったん)」で栽培した白いトウモロコシ「真珠もろこし」の販売を開始した。(市ケ谷経済新聞

同社が2009年より本格的に販売を開始した「真珠もろこし」は、白い実とクリーミーで濃厚な甘さが特徴。黄色いトウモロコシの花粉が混ざると実の色が真っ白ではなくなってしまうため、他のトウモロコシと離れた場所で栽培しなければならず、真珠を育てるかのような手間暇のかかる栽培方法と、真珠を思わせる実の白さから「真珠もろこし」と名付けた。

 トウモロコシの糖度は昼夜の寒暖差が決め手となり、9~10月の寒暖差の大きい限られた期間での収穫、販売となることから「幻のトウモロコシ」とも言われ、昨年は100万本を完売した。

 同社は7日~11日、大丸東京店1階の特設会場で「解禁記念イベント」を開催。試食や販売を行っている。「今年は天候に恵まれ、昨年よりも甘みがある」と同社マーケティング部シニアマネジャーの大滝尋美さん。インターネットでの申し込みを中心に予約も順調だという。

 希望小売価格は198~298円(1本約300グラム)。全国のデパートやスーパーマーケット、同社ホームページ内の特設サイトなどでの販売のほか、伊勢丹府中店、同立川店、同松戸店、そごう横浜店での北海道物産展でも取り扱う。10月上旬までの期間限定出荷で、今年は250万本の売り上げを見込む。

ホームページ作成株式会社杉山システム